相続発生からの具体的実務

相続が発生した時にやらなければならないことは?
相続発生後の主なタイムスケジュールは以下の通りです。

相続発生仏事関連事項法律関連事項等税制関連事項
5日以内通夜
葬儀
健康保険・厚生年金の資格喪失届出 
7日以内初七日法要死亡届 
14日以内 ・世帯主の変更届
・国民健康保険・国民年金の資格喪失届出
・介護保険の資格喪失届
・遺言書の確認


 
3ヶ月以内納骨
香典返し
・相続の放棄
・相続の限定承認
 
4ヵ月以内 遺産や債務の評価被相続人の所得税の申告・還付(準確定申告)
10ヶ月以内 ・遺産分割協議書の作成
・遺産名義変更手続き
・相続税の申告・納付
・相続税の延納、物納の申請
3年以内 生命保険の請求(時効) 

1.死亡届の提出

2.相続人の確定

3.遺言書の確認

4.相続財産の調査・確定

5.相続放棄等の手続き

 相続放棄の手続きに必要な書類の準備

6.準確定申告

7.遺言書がないときは遺産分割協議書の作成

 遺産分割協議書のポイント

様式特になし。必要事項が記載されていれば良い
内容どの相続人が何をどれだけ相続するのかがわかることがポイント。
※遺産分割協議の話し合いの過程での内容等を記載する必要なし
氏名の記載自署することが必要
押印実印で押印する
添付書類印鑑証明書
提出先相続税の申告をする場合は税務署
不動産の名義を変える場合には法務局
預貯金の名義を変える場合には各金融機関

8.相続財産の名義変更

9.相続税の申告と納付